<12/27動画公開しました>
ハリウッド俳優のゲストは、一昨年はジャッキー・チェン、昨年は、ニコラス・ケイジでした。今年は、ダスティン・ホフマン、スティーヴン・セガールです。また、スポーツ界からリー・ウェストウッド、ザラ・ティンダルを招いて大変盛り上がったトークショーが行なわれました。

タイトル:クリスマス・てんこ盛りアート展示会!
開催期間:2019年12月6日(金) ~10日(火)
開催会場:ヒルトン東京お台場 「ペガサス」 1階
出演者:
半田晴久 ミスズ社長
サンバチーム
12月 6日(金) スティーヴン・セガール、リー・ウェストウッド
12月 7日(土) スティーヴン・セガール、ザラ・ティンダル
12月 8日(日) ダスティン・ホフマン
12月 9日(月) 明るすぎる劇団・東州 特別公演
12月10日(火) 明るすぎる劇団・東州 特別公演

入場料:「一日券」 1,000円(税込)
    「お得な5日間フル入場券」 3,000円(税込)

主催:一般財団法人 東京芸術財団 (TAF)
共催: ㈱ミスズ  ㈱たちばな出版     特別紹介:ISPS

出演者プロフィール
映画芸術、演劇芸術を語るトークショー
スティーヴン・セガール
俳優兼武道家。出演映画40作以上、長編テレビドラマシリーズ2編、興行収入30億ドル以上を記録する、近年最高の世界的アクションヒーローの一人。
代表作は「ハード・トゥ・キル」「死の標的」「沈黙の戦艦」「暴走特急」「エグゼクティブ・デシジョン」「グリマーマン」「DENGEKI 電撃」「マチェーテ」など。

「スポーツの力」を語るトークショー
リー・ウェストウッド
国際スポーツ振興協会(ISPS)アンバサダー。通算43勝。2010年、5年間世界ランク1位のゴルファーとして君臨していた、タイガーウッズの快挙を終わらせた。2000年、2009年、欧州ツアー賞金王。2010年世界ランク1位。

「スポーツの力」を語るトークショー
ザラ・ティンダル
国際スポーツ振興協会(ISPS)アンバサダー。イギリスを代表する総合馬術の選手。2012年、ロンドンオリンピック総合馬術の団体で銀メダルを獲得。また、アン王女の長女で、エリザベス2世の孫。

映画芸術、演劇芸術を語るトークショー
ダスティン・ホフマン
アカデミー主演男優賞を2回受賞、7回ノミネートされた世界的名優。代表作は「卒業」「トッツィー」「レニーブルース」「真夜中のカーボーイ」「クレイマー、クレイマー」「ワグ・ザ・ドッグ」「レインマン」「マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)」など多数。

総合司会と総合演出
深見 東州 (本名 半田晴久)
東京芸術財団会長。(株)ミスズ代表取締役社長。ヤーマン&ストゥービ プレジデント。国際スポーツ振興協会(ISPS)会長。明るすぎる劇団・東州団長。また、オバマ元米国大統領や各国首脳を招聘し、サミットを開く世界開発協力機構(WSD)の総裁でもある。中国清華大学美術学院美術学学科博士課程修了。文学博士(Ph.D)。

明るすぎる劇団・東州
  演目「普通の猿の物語」「ある愛のかたち」「ヒーロータケル1」「リンゴとバナナ」など。

 

入場者特典
 ①ご来場の先着1,000名に、毎日違うお弁当とお茶をプレゼント
 ②食べ放題、飲み放題あり
    毎日2回 時間は12:00から約1時間と、17:00頃から約1時間
 ③30万円以上お買い上げの方に、抽選(ガラポン)で巨大な千両箱が当たります!中には、豪華な電気製品が入っています。
 ④先着8,000名に、展示絵画の「図録」をプレゼント。

 

イベントレポート

2019/12/07
展示会2日目は、メチャ深い話とノリでした。
 弊社社長半田晴久とザラさんやスティーヴン・セガールとのトークショーも、大変盛り上がりました。予告どおり、ステージの一画に立礼の茶道セットを置き、王仁三郎の掛け軸を4つ掛け、王仁三郎の耀碗4つと、出口すみさんの抹茶茶碗を展示しました。そして、松の耀碗で抹茶を点て、セガールをもてなしたのです。セガールは、耀碗に大変感銘を受けたようです。

2019/12/08
 夕方6時半から7時半ごろまで、弊社社長半田晴久とダスティン・ホフマンのトークショーがありました。
 そのあと、世界に3本しかない、最高級コニャック「レミーマルタン ルイ13世」の、世界最大デキャンタを250人であけました。中のブランデーは、100年以上経ったものをブレンドしています。それが、バカラの瓶に入っているのです。1本が1250万円します。

2019/12/10
 クリスマス展示会のグランドフィナーレが、無事に終了しました。
 国立オペラ・オーストラリア名誉総裁、及びゲストアーティストである弊社社長半田晴久のコンサートでは、生ピアノの伴奏でたっぷり2時間、矢沢永吉や郷ひろみ、米津玄師、中島みゆきなど、13曲分歌いました。メチャメチャ盛り上がりました。
 また、再びの「レミーマルタン ルイ13世」もあけました。「乾杯の歌」と「オーソレミオ」を歌い、皆さんと乾杯しました。さらに、シャンパンタワーにモエ・エ・シャンドンを注ぎ、皆さんと乾杯したのです。今日の「ルイ13世」もシャンパンも、どちらも最高に美味しかったです。
 会場の上にあるホテルのバーで聞いた話ですが、「ルイ13世の世界最大デキャンタが、このホテルに来ている」ということに、バーテンが大興奮してました。業界でも、話題になってたそうです。このバーには、小さい瓶の「ルイ13世」が飾ってありましたが、1本55万円で、これもなかなか手に入らないそうです。我々は、それを麦茶のように、毎日7本ぐらいあけましたが、最高のクリスマスの乾杯でした。

クリスマス展示会の感想を聞くと、1日だけ参加するつもりで行った人が、あまりにも楽しく、結局、毎日通ったそうです。